スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

金太郎

 むかしむかし、あしがら山の山奥に、金太郎という名前の男の子がいました。
 金太郎のともだちは、山の動物たちです。
 金太郎は毎日毎日、動物たちとすもうをして遊んでいました。
「はっけよい、のこった、のこった」
「金太郎がんばれ、クマさん負けるな」
 だけど、勝つのはいつも金太郎で、大きな体のクマさんでも、金太郎にはかないません。
「こうさん、こうさん、金太郎はつよいなあ。でも、次は負けないぞ」
 今度はつな引きです。
 山中の動物たちが相手でも、金太郎1人にかないません。
「つな引きも金太郎の勝ち!」
 大変力持ちの金太郎ですが、強いだけでなく、とてもやさしい男の子です。
 ある日、クマの背中に乗って山道を行くと、谷のところで動物たちがこまっていました。
「どうしよう? 橋がないから、向こうへわたれないよ」
「よし、ぼくにまかせておけ」
 金太郎は近くに生えている大きな木にドーン! と体当たりしてへし折ると、たちまち一本橋を作ってしまいました。
「どうもありがとう」
 動物たちは大喜びで、金太郎のつくってくれた橋を渡りました。
 その後、強い力とやさしい心を持った金太郎は、立派な若者になり、都のえらいお侍さんの家来(けらい)になって、悪い者をつぎつぎにやっつけたということです。
 

>有名な日本昔話だけど、なにが言いたいんだろ?
よくこんな話が伝承されてきたな。。















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

プロフィール

すけすけ

Author:すけすけ
最近さぼり気味なのではりきって、「すけすけなニュース」更新していきます。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。